アフィリエイト

【アフィリエイト・ノウハウ】ペラサイトか、サイト型か?

【アフィリエイト】ペラサイトか、サイト型か?

アフィリエイト・サービス・プロバイダーに登録して、記事を書く広告を決めて、さあホームページを始めようというときに、悩むのが「ぺラサイト」でいくか、「サイト型」で進めるかです。それぞれのメリット・デメリットを確認して、記事を書いていきましょう。

 

ペラサイトのメリット・デメリット

【アフィリエイト】ペラサイトか、サイト型か?ペラサイト」とは、1ページや同程度の分量のホームページで、1つ広告で1ページを作る手法・サイトのことです。

メリットとしては、とても少ないページでサイトを量産できますのでアフィリエイトサイトを始めるスピードは格段に早くなります。また、多くの広告を配信することもできます。多くの広告を公開できるということは、クリックされる確率、発生する確率が上がるということですので、最初に取り組むには一見容易に見えます。

 

ところがデメリットは、ページ数が少ないために検索エンジンで上位表示させることが難しく、またページ数の少なさが原因で、サイトの価値を高めることが困難になります。
また、コスト面では1ペラサイトごとにドメインを取得しますと、ドメインコストも年ごとにかかり、売り上げが立たない場合はコストがボディーブローのように効いてきます。

 

経験としてペラサイトをやってみることは、記事を作成する力サイトを立ち上げる技術を磨くために有効かと思います。ただし、ペラサイトの一本足打法はリスクも高いので慎重に見極めましょう。
小塚井解説

 

サイト型のメリット・デメリット

サイト型のメリット・デメリット一方の「サイト型」は、数十ページ以上の複数ページで構成される、基本的にはピラミッド構造となっているWEBサイトのことで、WordPressで構築するホームページが代表的な例です。

メリットは、ページ数・記事数を多く作成できるため、サイト価値が上がり検索エンジンで上位表示される確率、長期的に維持できる可能性も高くなります。

頻繁に変更されるアルゴリズムにも対応力が高く、足腰の強いサイトを作ることができます。さらに、1サイト1ドメインになりますので、ドメインのコストを抑えることも出来ます。

また、ページごとにテーマ性を持たせることができますので、ユーザーにとっても情報を知る・確認するには意味のあるサイト、分かりやすいサイト構成となります。

逆にデメリットは、WordPressを利用してサイト構築するときは技術力が必要になること、そしてページ数が多いために記事作成の労力が多くなることです。

 

検索エンジン上位表示に強いということは、売り上げを上げやすいということですのでこれが最大のメリットになります。
小塚井解説

 

当サイトの見解は「サイト型」がベター

それでは「ペラサイト」「サイト型」どちらを取り入れることがいいのか?
当サイトとしては、「サイト型」を中心にアフィリエイトを進めることがベターと考えます。

今後の検索エンジンの方向性としては、E-A-Tと言われる信頼性や権威性、評価性がサイトに求められるようになり、社会においてのステータスや資格、経験や実績もサイトの評価ポイントとなってきます。つまり、作成した広告記事だけではないプラスアルファの部分が重要になってきますので、幅広く深く記事に記述できる「サイト型」が有利になっています。

そして、検索エンジンのアルゴリズムの変更で、サイトが100位圏内から消えてしまうリスクは、最も避けなければなりませんので、多少始めるまでには労力がかかりますが、「サイト型」を中心にアフィリエイトサイトを運営して、長い間活動できる力を付けたほうが望ましいでしょう。

 

それぞれに長所・短所がありますので、まず実際に試してみるのもお勧めです。実感したうえで自分で判断する力がつきますし、試行錯誤は必ずしもロスにはなりません。得た知識・経験は長い人生のなかでいつか活用できますので、まずは一歩前に踏み出してみましょう。
小塚井解説

 

 

-アフィリエイト
-